トップ

腸内

腸内環境を整え病気を防ぐ

腸の働きは消化吸収だけではありません。腸内環境を整えることによって、免疫力が向上して病気になることを予防することができるようになるのです。腸内の環境を整えるには、日頃から悪玉菌を増やす肉類を食べ過ぎない、腸の中を綺麗にする食物繊維や善玉菌を増やすヨーグルトや漬物、納豆などの発酵食品を積極的に摂取する、腸の動きを活発にするため適度な運動を行うなどの方法があります。腸の健康を保つためには、ストレスを溜めずにリラックスする時間なども確保することで、腸内細菌を持つことができ病気を防ぐことができるようになります。

腸内環境を整え予防しよう

腸内環境を整えることは病気を予防や改善していくことに大切なことです。乳酸菌などで悪玉菌を抑え、善玉菌を増やすことで免疫力を高めることができます。免疫がつくと、風邪やインフルエンザなどの感染症を防ぐことができます。病気を防ぐには食物繊維を摂ることも大切で、コレステロール値を下げることで動脈硬化や心臓病、脳卒中などを予防することができますし、食物繊維は水分を吸収しやすくなるため便秘改善にもつながりダイエット効果も期待できます。体重を落とすことも、様々な病を防ぐことができるので腸内環境を整えることは大切と言えるでしょう。

↑PAGE TOP